色をプリズムで7食に分光したのは
ニュートン
そう、あのプリンピキアの万有引力を発見した方
なんですよねー

実は万有引力よりもプリズム分光の方が
ニュートンにとっては大きな意味があったとも
聞いた事があったよーな…

さらに同じように色の分野で功績を称えた方もいたんですね
ヤスパース?
いやいや
もっと心を詩っているような方…
はい
それは色彩論という
すばらしい論文をだした
ゲーテなんですねー
そう、あのファウストの文豪ゲーテです

あのゲーテでさえ、重要視していたのは
色彩論の方だったと聞いています

他にもアリストテレスだったりと
哲学的にも色は題材にされてたりしますよね

それだけ色は深く、人の心に響くものだったりします
アートだって色は心を動かす要素です

季節を感じ、安心や情緒、情熱や優しさ
私たちが感じる要素には色はかかせません。

短にあるのに深ーく複雑な色。
その色にはどんな意味がそれぞれあるのか、
時折考えてみると、それだけで何か感じるものが
自分の中に生まれてくるかもしれませんね。


この記事へのコメント